忍者TOOLS
アクセスカウンター
小心者たちの宴 もみじHDと広島銀行
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もみじHDと広島銀行 

今年の秋頃に、合併とのIRがでてます。

合併比率は1:170

山口銀行1株に対して、持ち株会社の1株交付。
もみじHD1株に対して、持ち株会社の170株交付。

これを受けて、もみじHDの株価はとなりました。

ん~、この反応からもみじHDの株価は割高と判断されたのでしょう。

yahoo掲示板のもみじHD板にも、当時の株価から
1,837<327,000÷170として、割高感を煽ったコメントもあります。


でも、おかしくない!?この計算式??

1株の株価を単純比較するのではなく、時価総額で比較しないとダメじゃない??ってか、もみじHDを割るの??

発行済み株式数
広島銀行:20,000万株  もみじHD:32万株

14日の終値
広島銀行:1,753円   もみじHD:307,000円

時価総額(単位:百万円)
広島銀行 350,600:もみじHD 98,240

となります。(計算間違いあったらゴメンなさい)

これに1:170の比率なので、広島銀行の時価総額を170で割ると
2,062:98,240になります。
仮に、1:1の割合にするには1:3.57でいいと言うことになります。

つまり時価総額だけを単純にみれば、もみじHDの株主に割り当てる持ち株会社の株式は3.57株でいいはずです。(きっと)

あれれ、小心者にはもみじHDがド割安にしか見えないんですが???

やっぱり、間違えてますかね?この考え方??

市場が反応を間違えるわけがないので、間違ってますよねぇ~、きっと。
山口銀行が実質の親会社になる(らしい、多分)ことを考えると、もみじHD有利な条件はないはずですし。

ん~、親切な方教えてください


スポンサーサイト

コメント

詳しくは会計実務①P112の問題を

広島銀行の発行済株式数が60,000万株だということは置いといて。
時価総額で単純に比較していいのは両者の発行済株式数が一緒の時だけですよ。
時価総額を出して、発行済株式で除した数値(結果的に現在の株価)を両者で比較することによって合併比率を算定します。

単純例で対等合併の場合を考えると
A社の時価総額100M
B社の時価総額100M
両者の発行株式数が1株で同じ時は、合併比率は1:1になりますけど、A社が2株、B社が1株の場合、合併比率は1:2にして、B社に2株割り当てないとおかしくなる、と。

それは

会社の同僚からメールで指摘を受けました。
まあ、もういいやぁ~!!って状況ですので・・・

ってか、そのタイトル。いま気づいたけど、同期?
信越から想像しうる同期は・・・・

いない!

めっさ予想外の人やったらどうしよ、ドキドキe-263

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smojimoji.blog16.fc2.com/tb.php/336-82de955b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。