忍者TOOLS
アクセスカウンター
小心者たちの宴 思い出し笑い③-2
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出し笑い③-2 

医者はベホマを唱えた。


ってのを、期待しつつ看護婦さんに運ばれる。

そういえば、担架の上から診察を受けるって初めてだわ~、とか治る期待からか、ちょっと余裕が出てきた。


医者:「小心者さん、これはギックリ腰ですね。」

小心者:わかっとるわい
と心の中で叫ぶ。

医者:「ん~、これだと1ヶ月くらいじっとしといて下さい。」

小心者:「・・・・・・」



小心者:「えっ!? じっとしとくだけですか?」

小心者:「なんかこう、セイッ!、みたいなやつはないんですか?」

医者:「あぁ~、整体ですか。そういうのは病院ではちょっとねぇ~」

小心者:ちょっとじゃねぇ~よ。このヤブっ。

医者:「とりあえず、湿布だけ出しときますんで。今日はお帰り下さい。」




小心者:「・・・・・・。」









小心者:「え、えぇ~!?」


ちょっと、あ~た。入院させない気ですか・・・

見てのとおり全く動けないんですけど。
スポンサーサイト

コメント

大変でしたねえ・・

そうそう!救急車が来ると、ドレドレと覗き込んじゃうよね、つい。
まだ覗き込まれたことはありませぬ(お世話になったことがないんで)。
意識があるだけに恥ずかしいよね~。

うちのオットも何かを持ち上げようとしたらしくギクっとなり、当時小学生の娘の肩を杖代わりにタクシーへ・・・

癖になりますから、どうぞお大事に。。。

ギックリ腰は

それ以来ないんですよね~、

一応毎日の仕草は気をつけてはいるんですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smojimoji.blog16.fc2.com/tb.php/345-f2d0b155

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。